スタッフ紹介

名古屋市守山区にある犬と猫の病院ケアセンターのスタッフ紹介です。

プリントアウトしていただき、ありがとうございます。
ご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。
[TEL]052-880-9819
もりやま犬と猫の病院ケアセンター

もりやま犬と猫の病院ケアセンター »  スタッフ紹介

浅井 亮太 |院長

8月10日生まれ
経歴:愛知県名古屋市出身
酪農学園大学獣医学部卒業

浅井院長先生が獣医師を志したキッカケは?

私はとにかく幼少期の頃から動物が好きでした。

若い時はカヌーの選手としてカヌーに没頭する毎日でしたが、
やはり動物が好きだったので「動物を助けたい」という思いが募り、22歳の時に獣医師を志しました。

獣医さんになるために、一番苦労したことはどんなこと?

苦労したのは勉強です。私は学生時代、カヌーの練習ばかりしており勉強をおろそかにしていたので。(苦笑)

獣医師国家試験にたどり着くまでは本当に大変でした。
獣医師になるという想いだけを頑なに信じ、取り憑かれた様に猛勉強をしました。

獣医師になった今、浅井院長先生が大切と思うことは?

獣医師になる前となってからでは、今までとは世界が変わり、考え方も変わりました。
獣医師である前に、人として信頼してもらうことが第一歩だと思います。

診療には、飼い主さんに納得してもらい信頼関係を作る事が最も大事です。 その為には、分かりやすい言葉で時間をかけて病状の説明をするようにしています。

そして、獣医師である前に、人として信頼してもらわなければ、飼い主さんが様々な選択肢の中から納得できる診療方針を選び出すことができないと考えます。
ですから、飼い主さんとの信頼関係をしっかりと築き、納得してワンちゃん猫ちゃんの診療を任せていただけるよう心がけています。

自慢できる所は?

様々な情報を入手し、自分自身日々良い情報を取り入れている事です。

そして、一番の自慢は一緒に働くスタッフです。

当院は夜間緊急対応も受け付けています。
夜間緊急で来院されるワンちゃん猫ちゃんは一刻を争います。

命を救うためには「救いたい」と想う熱い気持ちが一丸にならないと駄目です。
一丸となれて、想いが共有出来ているスタッフがいるのは何よりの自慢です。

最後に一言お願いします。

私は自分の病院だけでなく同業種の方たち動物を愛する方々との連携で、地域を盛り上げて沢山の動物を助けたいと思っています。

人間社会で生活する動物も人間と同じなので、動物にとっても住みやすい環境を作りたいと心より思います。

この先同業種の方々・専門学校やペットショップ・動物を愛する方々と連携して、地域に貢献して行きたいです。

飯田惇一 |犬と猫のケアセンター勤務獣医師

経歴:名古屋市出身
酪農学園大学獣医学部卒業

ワンちゃん・猫ちゃんが元気になり、飼い主さんも喜ぶ姿を見る事が、自分にとっても嬉しいこと

動物も人間と同じ生き物。動物たちが元気になっていく姿や、動物を子供の様に可愛がってる飼い主さんが喜ぶ姿を見る事が何より獣医師としての情熱に繋がると言う飯田先生。

獣医師として日頃心がけている事は?

私はとにかく人と会話をするのが大好きです。(笑)
動物は言葉を喋れないので、会話好きを活かし飼い主さんの言葉から正確な事実を引き出してから診察をします。

例えば、飼い主さんから「ウチの子はよく食べるんですよ」という言葉があったとします。しかし、それは飼い主さんが思っている「ウチの子はよく食べる」という事実であって、 その子の年齢や体格を考えると、当たり前の事かもしれません。

「この容器だとどのくらいの量を食べますか?」といった具体的な量を聞く事によってその子の真実が見えてきます。
喋らないワンちゃん猫ちゃんの言葉の代わりに、飼い主さんの言葉や動物の様子から病気の原因を探さないと分かりません。

獣医師として、病気の原因を突き止めるためには、飼い主さんとのコミュニケーションが最も大切だと考えています。

お仕事をされていて、一番つらいことは?

やはり動物の最期を目にする時です。落ち込でしまう時もあります。

けれど私の診察で元気が良くなる動物の姿と、それを喜んでいる飼い主さんの姿を見ると、嬉しさと同時に「私が動物を救うのだ」という使命感に火が付きます。

獣医になって良かったと思うことはありますか?

あります(即答!)

さっきも言いましたが、動物が元気になってくれたり、それを飼い主さんが喜んでくださると・・・心から良かったと思います。

最後に飼い主さん・犬と猫を飼う方々に一言

人間社会で動物と良好な関係を築くには、「しつけ」が必要となります。

ケアセンターではゆっくり飼い主さんとお話をする時間があるので、特に飼い始めたばかりの方は今後どのように動物と生活していくかをご相談下さい。

これからも獣医師飯田として沢山の動物を救っていきます。

もりやま犬と猫の
病院ケアセンター

〒461-0015
愛知県名古屋市守山区
深沢1-202

052-880-9819

Copyright © 2012 もりやま犬と猫の病院ケアセンター All Rights Reserved.